GPS

随分とご無沙汰をしてしまいました。
くうちゃんばっちり元気です!

あっという間に日が過ぎ、時間が過ぎ、今年もあと2週間ほどに
なってしまいました。
b0225785_186467.jpg



前々からいろんな人から、
くうちゃんの首輪に付いている「それなんですか?」と質問される
GPSですが、今では付いていないと不安になってしまいます。
外へはダブルリード&GPSが習慣づいています。

うちがワンにGPSを付け始めたのは、何年も前のことですが
大事な我が子の居場所がわからなくなるって
ものすごい恐怖と苦しみだと知ってからです。

随分昔のことですが、外出先で車が盗難に遭い、
恐ろしいことに大事なワン子をケージにいれたまま車ごと盗まれた方
いらっしゃいました。(後方に犬が乗っているとは気づかなかったのでしょう)
その後、いったい車はどっちに走り去って、犬がどこまで一緒だったのか
どうなったのか全くをもってわからないまま。
もちろん飼い主さんは、車なんてどうでもよく
あの子だけは・・・と。悲劇としかいいようがありません。

11月には迷子のワンちゃん(見つかってます)を探すお手伝いで
ポスター貼り、チラシ配りをしましたが、
どうか、どうにか見つかってほしいと祈るばかりで
移動範囲の広いワンちゃんの捜索は家族にとっては本当に
辛いことだと思いました。
ここをずーっとあの子は、歩いていたんだろうかとか、
寒いだろうなとか、怖いだろうにとか、無事でいて!とか
そんなことを考えながら、まわりました。
そして飼い主にとっては、ものすごい苦しみです。
気持ちを思うといたたまれませんでした。

いろんな方にチラシを配りましたが、たいへん同情していただいたり
ポスター貼りにとても協力してくださる方が多かったので
少し驚きました。

しかし一方で、今年地方に行った時、ズルズル鎖をつけたまま
歩き回っている犬がいました。どう見ても鎖が取れてか、鎖を取ってか
知りませんが、慣れたもんでどうやら初めてではなさそうでした。
速すぎて保護できませんでしたが、犬なんだからほっときゃ帰ってくると
飼い主は思っているんでしょう。国道を横切ってトコトコ歩き回って
危ないったらない。家に帰ってくる以前に交通事故がなによりも怖いよ!
それにすぐに探して連れ戻さないと運悪くセンターに入ったらどうなるか。
まあ飼い主はそこまで考えていないんでしょうけど。

人によって、そして場所や地域によっても犬の見方が随分違うんだと
あらためて感じました。
迷子のあの恐怖はわかる人には、わかるけど・・・。

くうちゃんのGPSは子供用です。前の子に付けていたのは、ペット用
だったのでもう少し小さかったのですが、取り扱いがなくなってしまいました。
もう少し小さいといいのに。
b0225785_1864767.jpg

カバーに入れるとさらに厚みが。
b0225785_1871075.jpg

これは、雨の日用のカバーです。(今は扱っているかどうかわかりません)
b0225785_18104440.jpg

さらに川や海に泳ぎに行く子用のウォータープルーフのケースも
ありました。

でもこれは本当に居場所が特定できるのでいいです。
電話でオペレーターと話しながら場所を特定したり、
自分でコンピューターでアクセスして調べる方法もあります。

実は数回オペレーターにお世話になったことがあります。
というのも、GPS自体をどこかで落としてしまい、そのGPSを探すためにです(汗)。

そこの角を曲がってとか、そのまま○○メートル前に進んでとか
大変わかりやすく現場まで誘導してくださり、
「それでは、すでにそばまで来ているので今から遠隔でGPSから音を出します」
そしてなにやら足元の枯葉の下からブザーが鳴って見つけました。
おぉ~、すごい!と感動しちゃいました。なので逆にこれなくして
見失った動いている犬を探すことを考えると不安です。

でもGPSがあるから安心には残念ながらなりません。
不安がある子を抱えて苦労されている飼い主さんには助けになるかもしれませんね。
一度逃走したらもう見つからないだろうというワンコに付けてあげるとか
お家に来たばっかりで、万が一逃げてしまっても地理感覚に慣れて
自分の家がどこなのかを認識するまでの間使うとか、
逃げやすく、逃走してから移動範囲の広いワンコに付けるとか、
遠く離れた旅行先に連れて行く時とか。

先日、車の給油をセルフでしていた時のことですが
お店のお兄さんが、なんだったか忘れましたが〇〇の点検をサービスでいたしますが
と言われ、私が「あ・・、はい」適当な返事をしたのも悪いのですが
運転席のドアを勝手に開けられてヒヤッとしました。
くうちゃんはシートベルトに繋いではありますが、
とっさのことだったので一瞬すごい焦りました。
あ~これからは給油中もこまめに車の鍵しよっと。
[PR]
# by ku1ku | 2011-12-17 21:11

あ~楽しかった♪

ちょうど一年前に、まだ預かりっ子くうの介の時に
お預かりをしていらっしゃる、いちママとうるさらママ&お嬢ちゃま達と
遊んでいただきましたが、前回と同じ場所で一年ぶりの再会を
して来ました。

前回もとっても楽しくて素敵な思い出で、
今回も良いお天気で、とっても楽しい時間を過ごせました☆

ず~っと会いたかった、いちママの愛娘の一果ちゃん♪
b0225785_17214163.jpg

ウギャ、可愛い~♪ くうちゃんもうっとり。
ゆったりさんで、おっとりさん。
見てのとおり
パパママの愛情いっぱいに育てられている娘さんなのです。
コマンドも、ボール拾いも、ママにおんぶも、
助走をつけない(笑)ジャンプだって、さりげなくできちゃうんですよー!
すごいの。



b0225785_1845943.jpg

うるさら家の可愛いお嬢ちゃま達久しぶり~!

子犬ちゃん達の成長ぶりにはいつも驚かされます。
うるる&さららちゃん達もこの一年で随分変わったのでびっくりしました。
前回はまだ小さくって、まだいろんな事が怖かったようですが
今では、体は小柄でも堂々としてました。家族に守られて
いろんな経験も増えたからかな。とてもしっかりしたお姉さんになってました。




こうしてどの子も家族の一員になって、すっごく大切にされて
幸せな姿を見ていると、なんともうれしい気持ちになります。



そうよ、次は“みちるちゃん”と“みのりちゃん”の番よ。
2人はうるさら家でとても大事にされている預かりっ子です。


みちるちゃん♪
人懐っこくって、人の目をちゃんと見るの。
なんて可愛いの♪
b0225785_21302221.jpg


みのりちゃん♪ 
(手前から2人目の柴ちゃん。うしろ姿でごめんね~、他の写真ボケちゃったの・・・)
可愛い子犬ちゃん。とにかく遊ぶことがお仕事。
怖いものナシ。微笑ましいよ~♪
b0225785_21303554.jpg



そうそう、、今回くうちゃんは紅一点の男の子でした。
あれっ黒一点か。でもそれじゃあ、そのままだね。
b0225785_229727.jpg


また遊びましょうね~☆
[PR]
# by ku1ku | 2011-11-05 22:37

お友達

先日とっても可愛い兄弟犬で男の子と女の子と
お友達になりました。
この子達は、とっても仲良のよい兄弟でずーっとじゃれあってます。
b0225785_1211204.jpg

b0225785_12175132.jpg

くうは、そのじゃれあいに興味津々。
ガウガゥしている間にわざわざ行って
のぞき込み

「君達、何してるの?」

「それ何んて言うの?」

「なんだか面白そうだなぁ~♪」

じゃれあう事を知らないんですね。
でも、なんだか楽しそう。一緒に加わろうとしてます。
真似しようとしているのがわかります。

そしてくうちゃんなりに真似をしてみました。
じゃれあっている兄弟犬の前で、グルグル回転をしてお尻パンチを
して、ダーーーーーっとどこかにダッシュして行ってしまい
Uターンして、戻ってきました。

くうは自慢げに 「どお?こんな感じ?」

それを見た人間も兄弟犬もつっ立ったままで
思ったことは同じです。

「・・・」

皆んな目が点。

「くうちゃん、今の何?」
「何遊び?」

大笑いでしたが、残念ながらその時の
写真がありません。

ふと、くうには兄弟が必要かもしれないと思いました。

そのあと、兄弟犬の女の子の方が、近くに止まった見知らぬ車に
向かってワンワンと吠えていましたが、
お家では番犬をすることがあるそうです。
びっくりしたのは、くうがその子の横に並び一緒になって
ワンワンと車に向かって鳴いたことです。
真似っ子です。
くうちゃん今ワンワンって言った?くうが犬らしくワンワンと鳴くことは、
今までにほとんど聞いたことがないので驚きました。

そして、くうが見つけたテニスボール。
ぼさーっとしていたら、口から取られた。
そして取り返しに行って、また取られた。
生まれて初めてのこうしたやり取り。
b0225785_12122927.jpg

b0225785_12125520.jpg

くうは、今までにワン達と生活したことがないはずなのに
本能的に犬社会のことを心得ているのように思います。
犬ってすごい。
この兄弟のように、遊び上手なワンちゃんから遊びを学べば
くうの持ち合わせている支配性の部分は必要ないんだと理解してくれるでしょう。

友達が増えるといいね☆
[PR]
# by ku1ku | 2011-10-15 11:38

遠吠え

相変わらずお留守番は苦手・・・

今では台所に入ることもなくなり、テーブルにものることもなく
食べ物があっても食べたりしません。以前のように物を壊したり
おしっこしたりもしません。

だけど・・・
帰ってくるまでずーっと歩き続けて待っているようで、
さらに悲しげな声で

「アゥ~~、アゥ~~」

大きな声で遠吠えをし続けているようです。

一人ぼっちの悲しみと不安と尿意でいっぱいいっぱいみたい。
一番安全なくうちゃん家で待っているだけなのに。

そうなんです、くうちゃんは外でしかトイレをしないので
我慢するしかないんです。
普段は長い時間でも我慢できるのに、なぜかお留守番となると
おしっこしたくなるようなんです。以前のようにベランダで
トイレもしてくれないし、留守番させる直前に外でトイレさせても
尿意をもよおすみたいなんです。


b0225785_115226.jpg

お耳をぺったんこにして、パパを見てます
[PR]
# by ku1ku | 2011-10-07 11:06

つづき

それにしても凄い台風でした。
くうちゃんも散歩で行ったことのある愛知県の川が一部決壊したとか、
しそうだとかのニュースを見てびっくり。
TVの映像がどっかで見たことがある景色だなーと思ってよく見ると
散歩で歩いた川沿いの草むらが濁流にのみ込まれてしまっていて、
まさかあの場所だとはすぐにわからなかった。怖!あんなふうになっちゃうんだ・・・(汗)

雨風の音が怖いぐらいでしたけど、くうは怖がることもなく大丈夫でした。
台風が過ぎた後、トイレを我慢していたくうの散歩に行ったのですが
マンションの中庭には、トタン屋根がどっかから飛ばされてきて
大きな杉の木がバタバタと倒されて折れていました。
散歩道をふさいでしまっていたのでびっくり。
さらに翌日駐車場に行ったら、うちの車の上に杉の木が
倒れこんでるし。うそでしょー!!



さて、前回のつづきですが、長野の山へ行ったあとに、前にも行ったことのある
穴場のドッグランを通ったので、遊ばせて来ました。
時間たっちゃいましたけど写真撮ってあったので載せちゃいます。
b0225785_8572070.jpg
b0225785_8573512.jpg


えい!みっけー♪
なんか捕まえたつもりのようですが、捕れたためしがありませーん(笑)
b0225785_8574718.jpg





この後すごい偶然がありました。
b0225785_11262375.jpg

このあたりは、知っている人ぐらいしか通らない山林の中で、
片足が切れてしまい、一方が麻痺してしまっている
小さめの柴ちゃんが、車いすでお散歩しているのをみかけました。
でもな~んか見覚えのある子。
まさかとは思いましたけど連れていらっしゃった人に話しかけてみました。

やっぱり!今回の東北の被災したワンちゃんでした。
この子に最初に出会ったのは、被災犬をお世話した時です。
弱々しく何もかも怖くて、車椅子もなく抱っこだけで見ているだけで辛かったです。
前回会ったのは遠く離れた県だったのに、こんな林の中で
出会うなんて、なんという偶然!!

うれしいことに今ではとーっても優しいお預かりさんのお家で暮らしていて
同じ子?と思うくらい車椅子でも活発に動き回る子で、お顔の晴れやかなこと。
お預かりさんのところでは、それはそれはわが子のように大切にされていて
まるでずっと前から、こちらのお宅の子という感じでした。
どうかこのままで・・・って思っちゃいました。

と言うのも実はこの子の飼い主さんはいるのです。この子のことも
伝わっています。いまだに一度も連絡をくださらないのです。
思うことはいろいろあって、とても複雑な気持ちです。

あ~、収容犬や被災犬のことを思うとへこみます・・・

それにしても、驚きました。日本狭し。
[PR]
# by ku1ku | 2011-09-23 09:17