一に練習、二に練習!

練習中です

b0225785_2234937.jpg


  よいしょっ!手を引っ張り、足を引っ張り。

b0225785_22544.jpg


  何の?? 
  これはレントゲンを撮るための練習なのです(汗)


1月に発作が起きたとき、救急病院で初めてレントゲンを撮ったときに
知ったのですが、くうちゃんレントゲン大ーーーー嫌いなんです。
今までに救急病院と掛かりつけ病院で5回ほど撮影してきましたが、
発作でどうかなっちゃう前にレントゲンでどうかなってしまう勢いです。

悲鳴です。例のくうちゃんの悲鳴です。

我が家に来たばっかりの時シャンプーをお店でしていただいた時も
かなりでしたが、こんな凄いのは私は初めて聞きました。

病院の待合室にいた、およその子達は異変を感じ一斉に尻尾を下げ、びびり始めたり
激しく吠え始めました。

ものすごい抵抗をするので長~い時間がかかり、どちらの病院の先生方も
すごい苦労されました。

外で待っている私達は、あのなんとも独特のくうちゃんの悲鳴にたまらなくなって
一人戦っているくうちゃんに私は涙が出ちゃいました。
(先生方は皆さんすごく優しい方ばかりです)

くうちゃんは、知らない人に腕をつかまれるのがたまらなく嫌いで
大きい機械の下で両手両足を伸ばしてヘソ天なんて
相当の恐怖だったようです。
小さい体で押さえつけている大人2~3人にすべての力を出し切って抵抗したようです。
悲鳴をあげるワンちゃん猫ちゃんには慣れておられる先生方も
その凄さにびっくりされ、まるで殺されでもするような勢いだったと
とても驚かれていました。

あまりの恐怖で、肛門腺から分泌液が漏れ出してしまったそうです。
そんなにレントゲンが怖いとは知らなかったとは言え、
それに病気を治すためとは言え、昔と同じような恐怖は二度とさせないと
約束していたのに、くうちゃんごめん、本当にごめんと何度も何度も
謝ってしまいました。

・・・で、そんなこんなで何かいい方法はないかと
パパと一緒に手足を引っ張り、ヘソ天しながらあやす練習を始めた訳です。
最初は、何すんだよーー!!と家では恐怖心ゼロの威張りんぼで、抵抗してましたが、
最近はまんざらでもなく、練習中ウトウト。練習といっても、マッサージ付だもんね。

その後もエコーやレントゲンをしても随分静かにできるようになりました。
まだ診察台では一人地震か?って程震え上がっていますが
練習の効果はあったようです♪ えらいぞ!くう!

それにしても体中が分泌液で臭しゃいったらない。
まるでスカンクじゃな。

b0225785_0332472.jpg


親しい周り曰く、
私は喧嘩っぱやく、気が強く、情にも流されず、涙と無縁・・・など
言いたいこと言われておりますが、これがなかなか図星★なのです・・・(汗)
でも、一転ワンコのこととなると、だめなんですよね~。
あの可愛い子ちゃん達のこととなると、腰抜けで、心配で心配でたまらなくなるし、
涙も出るし、ビビリになってしまって、弱気になって、ヨボヨボ。

はぁ~。
しっかりせぇ!!(渇)
[PR]
# by ku1ku | 2012-02-29 23:13

落ち着いています

発作後、あれ以来落ち着いています。
薬を飲んでいるせいで、トイレが外派なのにお家の中で何度
もおもらしをしちゃいました。すごーい多飲多尿でくうちゃん
疲労してます。そして食欲も増進してしまうので、
目を離したすきに台所の調理台の食べ物を食べてしまいました。
我が家に来たばかりの飢えていた時以外、台所の物はほとんど
欲しがることもせず、近寄ることもない子なので
よほど薬が効いているようです。薬を減らすとまだ咳が出て
危険なので分量が難しいところです。

この冬もとっても寒く温度差も怖いので、服を着るようになりました。
くうちゃんの人生で初でしょうね。ハーネスや首輪、リードを見せると
飛んでくるのに、服を見せると「何するんだよー!」「やめてくれ~」って
逃げ回ります。妙な歩き方になってしまい、斜めって歩いていました。
でも最近は、「う~ん、なかなかあったかい」って
思っているみたいでまんざらでもない様子。


昨年寒くなり始めたころ、
b0225785_12292984.jpg
b0225785_12294641.jpg

b0225785_1229546.jpg

昨年末長野で、
b0225785_1230386.jpg
b0225785_12301062.jpg

b0225785_12301835.jpg


前の子が雪山に行く時のために作ってもらった色違いのジャケット↓
もともと馬用のジャケットを犬用に作っていただいたものなので、
とーってもポカポカ。
くうちゃん体温の温度調節が上手くできないみたいで、
肉球も氷のように冷たく、セーターを着せても
外に出ると震えがとまらなかったけど、これだと大丈夫
b0225785_12425494.jpg

[PR]
# by ku1ku | 2012-01-24 12:43

遅ればせながら、

         あけましておめでとうございます

b0225785_17234539.jpg

        今年もよろしくお願い申し上げます








--------------------------
[PR]
# by ku1ku | 2012-01-19 03:35

憎きフィラリア

穏やかな年末年始を過ごし、新しい年のスタートをいい感じで迎えました。
しかし、それもつかの間、くうちゃんいきなり調子が悪いです・・・。

先日、夜中2時過ぎあたりから、急にひどい発作が起きて
救急で病院に連れて行きました。
こんなこと初めてで、ひどい咳き込みが止まらず、息を吸い込むことができなく
苦しそうに部屋中をバタバタ歩き回り、目が泳ぎ始め、
血が混じった粘膜のようなものも吐き出し
私は病院に連絡するにも手が震え、パニックってしまいました。
一瞬咳が止まったすきに、大人3人で車に乗り込み、途中あんなに
信号が長く感じたことはありません。

これはフィラリアによるものです。
前から咳はしていましたが、体内で虫が動いたようで
細菌によるものでなく、フィラリアのアレルギーによって
肺炎をおこし、気管支が傷んで、心臓が肥大して、肺水腫も
みられるとのことでした。こうした発作はもしかしたらもう一度起きるかも
しれないと言われました。あまり状態は良くないと。
通常の月一のフィラリアの薬の投与はちょっと危険なので見送り、
しばらく様子見です。
今回の治療薬のため多飲多尿で、ひどいと30分ほどおきに
おしっこです。

もともと丈夫で健康体のくうちゃんなのですから、外でのお散歩も普通にしたいはず。
ばっちり長生きできる子なんです。フィラリアさえなければ。
虫の寿命が来るまでトイレ程度の散歩をしていたら、足腰も弱くなっちゃう。
悔しいです。

今でもあともう少しの辛抱でくうちゃんは治ると信じていますが、
こんなことが突然起きると、あまりにもショックです。今後どんなかたちで
症状がでるのかと思うと正直怖くてたまりません。

同時に腹も立ちます。怒りの矛先は一つですが、
くうちゃんに出会う前までは、未だにフィラリアにかかってしまった子の
数がこんなに多いと知りませんでした。年明けてからも保護されたり、被災した子達の
お世話をしましたが、明らかにくうちゃんよりも重症なフィラリアだと
わかる子達を見て、なんとも言えない気持ちでした。

b0225785_32598.jpg

くうちゃん首にファーを巻いているの?ってつままれたことがあります(大笑)
これはくうちゃん自身の毛ですよん。
[PR]
# by ku1ku | 2012-01-19 03:25

良いお年を

今年ももう終わり。あっという間でした。
くうちゃんを気にかけてくださった皆様、
見守ってくださった皆様ありがとうございました!
来年はもっと多くのわんこが幸せになれますように、
さらには現在の置かれた状況が劇的に良い方向にむかうことを願います。

b0225785_1247678.jpg

くう:「僕の耳で遊ばないでよ~」
[PR]
# by ku1ku | 2011-12-30 23:17